2008年12月03日
12月定例愛知県議会で代表質問に立ちました

12月定例愛知県議会で代表質問に立ちました

 本年9月以降の急激な世界経済の落ち込みで、愛知県の21年度税収の減少に対する県の方針や、本年発覚した不適正経理の問題、また、今後を見据えた政策の指針作り、少子化対策や周産期医療対策など、県政全般にわたる課題を浮彫にして 、県民の安心安全な暮らしを守るための取り組みを質問しました。

今後の県政の課題を質問(その要旨)

1 不適正な経理の問題について
  現在実施している調査と原因の究明について、あらためて知事の決意を伺う。  また、今回の事案に対しては、監査委員としてどのような認識を持っているのか、今後の監査についてどのように取り組むのか、監査委員の所見を伺う。

2 県税収入の見通しと財政運営について
(1)来年度の県税収入について、どのような見通しをしているのか、伺う。
(2)多額の財源不足にどのように対応していくのか、伺う。また、歳出の徹底した見直しによる県民生活への影響が心配されるが、所見を伺う。

3 「新しい政策の指針」の推進について
政策の指針策定時と比較して社会経済情勢が大きく変化している中で、今後、どのような課題認識を持って地域づくりを進めていくべきと考えているのか伺う。

4 アジアとの経済交流について
今後、ベトナム・江蘇省両政府との合意に基づき、本県進出企業を支援するサポートデスクをベトナム・江蘇省両方に開設する予定であると聞いているが、このサポートデスクは、どのような体制で、具体的にどのような活動を行っていくのか伺う。また、江蘇省との合意文書に盛り込まれている、知的財産権の保護について、県としてどのように取り組んでいくつもりなのか、さらに、江蘇省とベトナムに続く今後の経済交流の展開について、どのように考えているのか伺う。

5 本県繊維産業の支援施策について
本年度新たに創設した「あいち中小企業応援ファンド事業」による繊維産業振興における効果について、どのように期待しているのか、また、厳しい状況におかれている本県繊維産業の振興について、どのような対策を講じているのか伺う。

6 少子化対策について
父親が家事・育児に費やす時間を増やすとともに、子育て中でない人も主体的に子育てを応援する、言い換えるならば、“子どもは社会の宝”という県民意識を醸成することが重要と考えるが、知事の所見を伺う。

7 周産期医療体制について
安心できる周産期医療体制の確保において重要な役割を担っている、本県の総合周産期母子医療センターの体制についてどのように考えているのか伺う。

8 多発する犯罪への対策について県警察が犯罪抑止のために取り組むべき重点と、多発する犯罪に対して今後どのように取り組むつもりなのか伺う。

9 資源循環型社会の構築について
「あいちゼロエミッション・コミュニティ構想」の進捗状況と、今後どのように推進し、全国に発信していくつもりなのか伺う。また、レアメタル・リサイクルに関して、本県においても、貴重な資源を含む携帯電話の回収について、どのように取り組んでいくのか伺う。

10 特別支援教育の推進について
これまでの本県の取組の成果を踏まえ、今後、特別支援教育をどのように推進していくのか、教育長の考えを伺う。


質問に対する知事の答弁(その要旨)

1 不適正な経理の問題について
去る11月10日、本庁の幹部を始め、地方機関の長を一堂に集め、全力を挙げて不適正な経理処理の調査に取り組むよう指示をした。 大きく損なわれた信頼を一刻も早く回復するためにも、徹底的な調査を行って膿を出し尽くし、その上で原因の究明を行い、対策本部において再発防止に取り組んでいく。

2 県税収入の見通しと財政運営について歳入の確保に積極的に努めることはもちろん、国に対しても、機会あるごとに、本県独自に、あるいは協力できる知事とも連携しながら、地方財源の充実を強く求めていく。しかし、歳入の確保努力のみでは、この財政状況に対処しきれない。歳出についても、聖域なく、原点に立ち返って、見直しを行なうが、歳出の見直しに当たっては、できる限り県民の皆様方の生活への影響に配慮して、ご理解を得ながら進める。

7 周産期医療体制について
来年4月1日からは、「名古屋第二赤十字病院」が県内2か所目の「総合周産期母子医療センター」として開設される予定であり、体制の強化が一層図られる。今後ともこの総合センターとそれぞれの地域での地域センターとの連携のもと、安心・安全な周産期医療の確保に努めて参ります。

9 資源循環型社会の構築について
レアメタル・リサイクルに関し、市町村や事業者団体、消費者団体の協力を得て、携帯電話の回収の必要性や、県内約600店の携帯電話販売店を窓口とする回収ルートの周知に努め、貴重な資源の回収促進につなげてまいりたい。




2008年11月05日
2008年10月30日より緊急保証制度がスタート

2008年10月30日より緊急保証制度がスタート

 公明党愛知県議団では、11月5日、愛知県公館と愛知県保証協会を訪ね、神田真秋知事と愛知県信用保証協会の長谷川理事長に対し、緊急保証制度の円滑な実施に関する申し入れを行ないました。 
 
 この中で県議団渡会団長は「資金需要の高くなる年末に危機感を持つ中小企業が増えている」と指摘し、

(1)円滑な融資受け付けができる各金融機関の窓口整備

(2)現場のニーズに応えた体制づくりと制度の周知徹底――など4項目を要望いたしました。 


 これに対し、神田知事は「趣旨を真摯に受け止め、関係機関と連携していきたい」と答弁されました。

 長谷川理事長は、制度の周知に一層取り組むことを約束されました。



2008年09月18日
深刻な鳥獣被害をなくせ

深刻な鳥獣被害をなくせ

2008年9月18日、公明党愛知県議員団では、鳥獣被害対策に有効な「モンキードッグ」の訓練施設、中部警察犬訓練所を視察いたしました。
 愛知県の三河中山間地域で近年、サルによる農作物被害が続き、農家を悩ませています。仕掛けた対策にもサルが順応してしまい、被害の縮小につながっていません。そこで県は今年度から、サルを追い払う「モンキードッグ」を育成するモデル事業を2地区で始めました。長野、岐阜の県境に位置する愛知県豊田市稲武地区でシイタケの原木栽培を営む安藤實さんは、近くでサルを見かけるようになったのは2001年ごろ。初めは2、3頭だったが、次第に群れで出没し農作物に大きな被害を及ぼすようになったといいます。

 サルなど獣類による農作物の被害対策は、一般的に追い払いなどの取り組みが重要。しかし、中山間地域では全国的に高齢化が進んでおり、住民だけで実行するのは難しい。これを補うため、県はサル対策に効果があると報告されているモンキードッグの育成に乗り出しました。


 モンキードッグとは、サルが出没したときに追い払わせるように訓練を受けた犬のこと。県農業経営課によれば、サルが畑に来るたびに犬が追い払うと、その地域にサルが近づかなくなるといいます。 今回は、サル被害の発生している豊田市と新城市の農家6戸が育成事業に協力。犬を飼っていない農家は、県動物保護管理センターが保護した犬を譲り受けて警察犬訓練所で訓練を受けさせています。

 訓練期間は5カ月程度で、来年2月には訓練を受けた犬がモンキードッグとしてデビュー。中部警察犬訓練所(長久手町)の河原範子所長は「サルが人間の邪魔をせずに共存できるようにしたい」と成功を期していました。 ただ、モンキードッグの効果は局所的。追い払ったサルが他の地域の農作物を荒らすこともあると指摘され、県は導入効果を見た上で、さらなる普及を検討していく。
 鳥獣被害対策については、公明党愛知県本部が昨年6月、県内の調査を基に、神田真秋知事に対策強化を要望いたしました。今回のモンキードッグは、身近な力を生かした大事な取り組みです。今後とも成功と普及に尽力してまいります。



2008年09月17日
地元市町村長さんから意見を聴取

地元市町村長さんから意見を聴取

西三河建設事務所管内の災害現場を調査

一級河川広田川、一級河川伊賀川において去る8月28日の記録的豪雨災害の被害規模の調査並びに今後の対策の検討状況の調査を行いました。


被害現場の集中的な河川改修が必要

被害現場の集中的な河川改修が必要

 伊賀川の河川敷において被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と、移転を含めた抜本的な解決に向けた県の対策に期待するものです。



2008年08月29日
本年度後半の厳しい県財政に効率的予算配分を要望

本年度後半の厳しい県財政に効率的予算配分を要望

 公明党愛知県議団は8月28日、県公館で、神田真秋知事に対し、県の重点事業の執行および9月補正予算編成に関する要望書を提出いたしました。渡会団長、桂俊弘幹事長、私、木藤俊郎政策審議会長が出席いたしました。

 この中で渡会団長は、県財政について「今年度後半から厳しい状況が予想される」と指摘した上で、「県民生活に直結する政策を効率的かつ重点的に実施しなければならない」と強調いたしました。



 具体的には

(1)県経済の安定と雇用対策の強化

(2)生活基盤の充実と地球的視野に立った環境施策の推進

(3)行財政改革・分権改革の推進

(4)チャイルドファースト(子ども優先)社会の構築と医療・福祉の充実――など8項目を要望いたしました。
 
 神田知事からは、「査定を通じて十分検討し、9月補正予算で対応できるものについては、速やかに措置をしたい」と前向きな意見が述べられました



2008年08月28日
原因究明のため国県市一体となって行動

原因究明のため国県市一体となって行動

2008年8月28日、記録的な豪雨被害に遭った一宮市の被災現場を、県議会桂俊弘幹事長、岩田隆喜県会議員、ほか地元選出の国会議員、市会議員とともに緊急視察いたしました。

 最初に冠水で通行止めとなった県道井ノ口江南線を訪れ、猛烈な雨で排水が追いつかなかった状況などを確認しました。左側写真の後方に写っているのは冠水の中に取り残されている軽自動車です。その後、床下浸水などの被害に遭った五日市場地区を訪問し、被災者の声に耳を傾けました。以前から浸水被害があり、河川改修、排水対策が強く望まれました。


 最後に未明に新聞配達中に側溝に転落して、男性が死亡した現場を視察しました。(右側写真)この側溝には柵や蓋が無かったために、冠水した側溝に気付かずに転落したものと思われます。男性の方のご冥福をお祈り申し上げます。

 さて、一宮市は濃尾平野の中でも特に平坦な地域です。市内には、豪雨の際には冠水し、中々水捌けの悪い地域が随所に見られます。
 
 今回の豪雨被害を教訓として、地域の危険個所の総点検をし、危険個所の改修を進めるべきであると思います。



2008年08月25日

【7月9日】 知立建設事務所管内調査

・都市計画道路刈谷知立線
・境川浄化センター
・一般国道336号線

【8月1日】 豊田加茂建設事務所管内調査

・主要地方道名古屋岡崎線
・ウェルサンピア岡崎
・都市計画道路衣浦岡崎線


【8月25日】 新城設楽建設事務所 東三河建設事務所管内調査

・主要地方道東三河環状線
・一般国道151号線 



2008年08月04日
ブラジル愛知県人会創立50周年記念式典に出席

ブラジル愛知県人会創立50周年記念式典に出席

 2008年8月4日から13日まで、県政の重要課題について、先進的な事例を調査するため、ブラジルを訪問いたしました。環境共生都市として世界的に有名になったクリチバ市では都市計画・環境政策、COP8開催事情を調査しました。2010年愛知県で開催されるCOP10の参考となりました。

 次に、次世代エネルギーともいわれるバイオエタノールの生産が世界一位であるブラジルの地球温暖化防止対策調査のため、ピラシカーバ市のコザン社エタノール生産工場を視察。


バイオエタノール工場や航空機産業を調査

バイオエタノール工場や航空機産業を調査


 そして今回の調査の大きな目的でもあります、愛知県人会創立50周年記念式典に知事、副議長とともに参列し、海外移住事情を調査しました。

 また、祝賀会では400人を超える参加者で埋め尽くされ、懇親を深めました。最終日は、次世代産業対策調査のため、サンジョゼ・ドス・カンポス市のエンブラエル社を訪れ、リージョナルジェット機等の組み立て工場を視察しました。



2008年07月23日
ものづくり愛知の強みを観光に活かす取り組み

ものづくり愛知の強みを観光に活かす取り組み

 公明党愛知県議団では7月23日に、産業文化財を観光資源として生かす産業観光の振興に向けて、名古屋市の「ノリタケの森」、「産業技術記念館」(旧豊田紡織本社工場)を視察しました。
 
 中でも私共が訪ねた「ノリタケの森」は、最高級の洋食器や陶磁器を数多く展示しているクラフトセンターがあり、製作工程を目前で見学できます。「ノリタケの森」の中川雅取締役は、多彩な商品が生み出された歴史を紹介し、「モノ作りの世界を感じ取っていただくための場所」とPRされていましいた。


 県議団では愛知県が日本を代表するモノ作りの集積地であることから産業観光のPR施策などを推進してきました。
 
今回の視察を踏まえ、技術の伝承を確かなものにするため、技術者などの人材育成も含め、さまざまな形での人的交流の施策を推進していきたいと思います。



2008年07月03日
障害者雇用に先進的事例

障害者雇用に先進的事例

 伊藤渉衆院議員と小島丈幸県議とともに、7月3日名古屋市にある中電ウイング株式会社と、株式会社ジェイアール東海ウェルを訪問させていただき、障害者雇用の実情を勉強いたしました。

 両社は中部電力株式会社と東海旅客鉄道株式会社を親会社とする、障害者雇用促進法に基づく特例子会社です。同社で障害者を雇用すると親会社の法定雇用率(1・8%)に含まれ、障害者の職域拡大に効果を挙げています。



 このうち中電ウイングでは、同社が主に親会社の発注を請け負い印刷や園芸の事業を展開し、37人の障害者を雇用していることや、設備の高さを車いす利用者の目線に合わせるなど、障害者に優しい職場環境について説明を受けました。

 こうした障害者が働きやすい職場をできるだけ多く広げたいと思います。




17ページ中16ページ目を表示(合計:164件)
[前のページ次のページ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]

ページの先頭へ