2017年03月24日
清須市・名古屋市西区に位置する東海地方最大の弥生集落です

清須市・名古屋市西区に位置する東海地方最大の弥生集落です

 公明党愛知県議員団は、朝日遺跡を視察しました。朝日遺跡は、清須市・名古屋市西区に位置する東海地方最大の弥生集落で、逆茂木(さかもぎ)・乱杭(らんくい)などの強固な防御施設が全国で初めて発見され、平成24年には主要な出土品が国の重要文化財に指定された遺跡です。
 清洲貝殻山貝塚資料館は、昭和50年4月に、朝日遺跡の出土品を公開するため、国指定史跡「貝殻山貝塚」地内に開館しました。

朝日遺跡のページ


 愛知県は愛知を代表する朝日遺跡の魅力を発信し、重要文化財を適切に保管するため、2020年秋の開館をめざした資料館の拡充整備を予定し、来年度には資料館を拡充整備するための実施設計を、そして、資料館の「にぎわい」を創出するための検討を行うとともに、PRキャラバンや弥生生活体験イベントなど朝日遺跡の魅力を広く発信していく事業について、2月定例議会において来年度予算案が提出され、可決されました。




2017年02月08日
トラックのドライバー等が安全や環境の意識を高め、物流事業の総合的スキルを身に付けるための研修機関です

トラックのドライバー等が安全や環境の意識を高め、物流事業の総合的スキルを身に付けるための研修機関です

公明党愛知県議員団は中部トラック総合研修センターを視察しました。昨年11月1日に施設の完成を迎えた、ここ中部トラック総合研修センターは、トラックのドライバー等が安全や環境の意識を高め、物流事業の総合的スキルを身に付けるための研修機関です。
また、愛知県と一般社団法人 愛知県トラック協会様は、昨年10月に、「災害時等における 物資等の緊急輸送等に関する協定」を締結しました。
屋内実技練習場を支援物資の積卸しや仕分け作業場への活用や運転実技練習コースを支援物資搬送車両の待機場所やヘリポートへの活用など、本施設は、災害時等の物流拠点としての役割も果たします。公明党愛知県議員団は、安心な地域づくりとして、県に対し、熊本地震での課題等について、地震防災対策の見直しを進め、本県の防災・減災対策の強化を図るよう求めています。
 熊本地震における課題の一つとして、「ラストワンマイル」と言われたように、物資拠点から避難所までの輸送が機能せず、被災者まで支援物資が十分に行き渡らないことがありました。災害時における物流は平常時と異なり、物資を被災者の手元まで届けることが容易ではないと思っておりますが、しっかりと対応していく必要があり、その中にあって、トラックは物資を運ぶ重要な手段であると考えます。

中部トラック総合研修センターさんのページ




2017年01月24日
生活支援ロボットの開発に取り組んでおられます

生活支援ロボットの開発に取り組んでおられます

 公明党愛知県議員団は、生活支援ロボットの開発に取り組んでおられる富士機械製造株式会社を視察しました。
 愛知県は、「ロボット産業」を自動車、航空宇宙に続く第3の柱として大きく育てていくこととしています。そして、世界に誇れるロボット産業拠点を目指し、平成26年11月に「あいちロボット産業クラスター推進協議会」を設立し、開発や実用化、普及に向けた取組を推進しております。
 一方、医療・介護等の現場においては、人手不足が深刻な状況になっており、医療・介護等の現場や生活の場で活用するロボットの開発・実用化が強く望まれております。
 富士機械製造株式会社さんは、電子部品自動装着機で、世界トップクラスのシェアを誇る産業機械メーカーとして、様々な機械を製造されており、さらに、近年では新たな分野への展開として、介護施設等で使用する生活支援ロボットの開発に取り組んでおらます。
公明党は、マニュフェストにおいて、支え合う地域づくりとして、介護現場の労働環境の整備のため、介護と工業技術の連携を進め、介護ロボットの導入などを積極的に進めることを掲げています。

富士機械製造株式会社さんのページ




2017年01月01日
一宮市中野市長主催の賀詞交歓会にてご挨拶

一宮市中野市長主催の賀詞交歓会にてご挨拶

2017年の初春を迎えました。
本日1月1日、一宮市中野市長主催の賀詞交歓会にて、公明党一宮市議会議員5名の皆さんと一緒にご挨拶をさせて頂きました。

本年は、晴天に恵まれて素晴らし良いお正月を過ごせました。米国大統領の交代、英国のEU離脱、ロシアとの平和交渉や経済交流と、昨年に引き続き激動の国際情勢です。こんな時こそ安定政権が必要です。

本年も、愛知県政をより良くする為にのために動きます。




2016年12月22日
日光川水閘門改修工事現場を視察

日光川水閘門改修工事現場を視察

12月22日、安全・安心対策特別委員会の県内調査で、愛知県飛島村にある、日光川水閘門の建設現場を視察しました。愛知県西部に位置する日光川水域は日本で最も広い海抜0メートル地域が広がり、流域の3分の2が強制排水区域です。そのため日光川に溜まった水を160箇所のポンプ(排水機場)で管理しています。
 さらに、排水高潮対策のために伊勢湾河口では閘門にて河口を締切り、管理しています。

 伊勢湾台風後の昭和37年に作られた閘門も老朽化のために改築がなされ、平成29年度に完成の予定です。南海トラフ大地震の予測もあって、愛知県の地震対策と合わせて、この水閘門は歓声が期待されています。今後も国と一体となって国土の強靭化を進めてまいります。




2016年12月01日
地域のお声を頂き設置しました

地域のお声を頂き設置しました

 12月1日午後3時、一宮市千秋町の町屋交差点に右折信号が設置されました。町屋交差点は県道名古屋江南線に有り、大変交通量の多い交差点です。特に朝夕は渋滞が激しく、現在4車線化の拡幅工事が進められております。

 昨年、千秋町地域のご婦人の方から、一宮市の公明党河村弘保市会議員の元へ陳情があり、私と一緒にこの交差点の右折信号設置に取り組みました。今回道路拡幅に伴い、右折専用レーンを拡幅し、右折信号の設置がなされました。

 今後とも、地域のお声を大切にして安全安心の地域づくりに取り組んで参ります。




2016年11月16日
東京都の取り組みを調査いたしました。

東京都の取り組みを調査いたしました。

東京都では防災知識の啓発のため、「東京防災」を750万部都内全家庭に配布しました。家庭や職場での防災知識の充実を図るために、イラストを多用して、分かりやすく、親しみやすく出来ています。学校では防災教育のテキストとして防災ノートを配布し小学校から高校まで成長と共に学習出来るように工夫されています。
地域で防災活動に当たってくださる防災リーダーの組織の皆様が、訓練用のテキストとして利用されておられます。
愛知県も南海トラフ大地震に備えて様々な啓発活動を続けています。大変参考になりました。




2016年11月14日
あいち型植物工場や品種改良が進むカーネーションを調査

あいち型植物工場や品種改良が進むカーネーションを調査

 開設50年を迎える当施設は農作物や家畜の品種改良や生育方法などの技術開発、研究を行っています。
トマトのハウス栽培では、ICTで気温や湿度等を管理し生産性を向上させたり、全国2位を誇るカーネーションでは、病害に強い品種の開発など、品種改良が進む最新事例を調査。

 あいち型植物工場の充実、そして害獣駆除への課題等をお聞きしました。 本県産業と農業や畜産関係者を多角的に支えています。




2016年10月14日
県内の幅広い地域から、年間約160万人の利用者が訪れます

県内の幅広い地域から、年間約160万人の利用者が訪れます

公明党愛知県議員団は、ディノアドベンチャー名古屋を視察しました。ここ大高緑地は100ヘクタールを超える公園で、広大な敷地のなかに「ゴーカート」や「デイキャンプ場」などが整備され、周辺地域はもとより県内の幅広い地域から、年間約160万人の利用者が訪れます。
その大高緑地において、昨年(27年)3月に大高緑地のより一層の魅力向上を図るため、民間のノウハウやユニークなアイデアを活かした新たな公園施設を設置・管理運営する事業者が公募され、10月に株式会社エヌエーオー様を事業者として、協定が締結されました。
公募により民間事業者が公園施設を県営都市公園で設置するのは、愛知県としては初めての取り組みです。
今年7月にオープンした遊戯施設である「ディノアドベンチャー名古屋」は、夏休み及び週末に、人気を博していることから、今後も、多くの県民の方々で賑わい、周辺地域の活性化につながり、多くの県民に親しまれる公園となることを期待しています。
私ども公明党は、マニフェスト等において、魅力ある地域づくりを訴えており、大高緑地が本県の魅力の一つとなることを希望するものです。

ディノアドベンチャー名古屋のページ




2016年10月08日
愛知県は抹茶の生産日本一です。

愛知県は抹茶の生産日本一です。

10月8日、愛知県茶会が開催され、夫婦で出席しました。写真は主人の大村秀章愛知県知事です。大変おいしい抹茶をいただき、しばし「和」の時の流れに身を任せる時間でした。

 愛知県は抹茶生産日本一で、最近では海外への輸出も盛んです。自動車や工作機械の生産で有名な愛知県ですが、農業の分野でも全国7位と頑張っています。

 今後も愛知県の農業の発展に寄与してまいりたいと思います。




17ページ中3ページ目を表示(合計:165件)
[前のページ次のページ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]

ページの先頭へ